リエントリー現象とは?
WPW症候群
房室結節回帰性頻拍
心房粗動
左室起源心室頻拍
器質的心疾患に伴う心室頻拍

沖重 薫

横浜市立みなと赤十字病院
心臓病センター長
<専門>
臨床不整脈、心臓性突然死、
特発性心筋症、
カテーテル・アブレーション手術

横浜市立みなと赤十字病院

〒231-8682
神奈川県横浜市中区新山下3丁目12番1号
TEL:045-628-6100(代表)
FAX:045-628-6101


 通常、洞結節から出た興奮信号は心房を通り房室結節を通過して心室に伝播しますが、心臓内に通常とは異なる伝播経路(リエントリー回路)が生じ、伝導速度や自律神経のバランスなど条件が揃った場合、期外収縮が引き金で電気的興奮が高速でぐるぐる旋回してしまう事があります。これをリエントリー現象と呼びます。

 一度興奮した心臓が絶対不応期を過ぎてすぐに、リエントリー回路から別の興奮信号が来る事で、短い周期で再び心臓が収縮してしまう頻脈の状態が続きます。

代表的な疾患には、WPW症候群房室結節回帰性頻拍心房粗動心室頻拍の一部などがあり、疾患の種類や状況によっては心臓性突然死に繋がる危険性があります。

■通常の興奮伝播イメージ

■リエントリー現象の興奮伝播イメージ


WPW症候群

心房と心室の間に先天的にケント束と呼ばれる余分な副伝導路が存在することで、電気的興奮の旋回(リエントリー)が起き上室性頻脈が発生します。WPW症候群から心房細動などに発展すると、その興奮が副伝導路を通り、心臓性突然死の原因である心室細動を惹き起こします。

房室結節回帰性頻拍 (AVNRT)

通常の興奮伝導路である房室結節の周辺に、伝導速度の速い伝導路と遅い伝導路が存在することで、それらを介して電気刺激が旋回(リエントリー)を起こし、頻脈が発生します。

心房粗動 (AFL)

右心房と右心室の間にある三尖弁の周囲(三尖弁輪)に沿って電気的興奮が旋回(マクロリエントリー)し、頻脈を起こします。

左室起源特発性心室頻拍 (ILVT)

左心室内に先天的な要因があり、異所性興奮源を引き金として電気的興奮の旋回(リエントリー)が発生し、頻脈を起こします

器質的心疾患に伴う心室頻拍

虚血性心疾患や心不全などの原因により、心室内の組織に“瘢痕組織”が生じ、その周囲の興奮伝導路が障害され、リエントリー回路を形成し、頻脈を起こします。


著書「突然死の話」には、更に詳しい内容が、わかりやすく執筆されております。
持ち運びに便利な文庫本で、書店の棚に並んでおります。
是非ご一読ください。

突然死の話
あなたの心臓に潜む危機
(中公新書)
沖重 薫著


Copyright(C) Shinzototsuzenshi.com, All Rights Reserved