プロフィール
著書

横浜市立みなと赤十字病院

〒231-8682
神奈川県横浜市中区新山下3丁目12番1号
TEL:045-628-6100(代表)
FAX:045-628-6101


<略歴>

1955(昭和30)年、福岡県生まれ。
1981年、東京医科大学医学部卒業後、東京女子医科大学麻酔科に入局。
東京医科歯科大学循環器内科勤務を経て、1989年から1992年まで米国ハーバード大学心臓内科部門客員研究員。
現在、横浜市立みなと赤十字病院心臓病センター長、東京医科歯科大学循環器内科臨床教授。

<専門>

臨床不整脈、心臓性突然死、特発性心筋症、カテーテル・アブレーション手術

<所属学会・認定・資格>

循環器専門医、内科学会認定内科医、麻酔科標榜医、米国心臓病学会学士院会員(FACC)、国際不整脈学会学士院会員(FHRS)

タイトル 著作者 出版元 刊行年月
突然死の話 : あなたの心臓に潜む危機 沖重薫 著 中央公論新社 2010.5
つい先ほどまで元気だった人が、一瞬にして命を失ってしまう-家族と最期の言葉も交わせないままに。「心臓性突然死」ほどやりきれない別れはない。本書では悲劇を避けるため、心臓の仕組みから突然死の最新予防法まで丁寧に説明する。先天性の病気による場合もあれば、風邪や下痢などの軽い病気、入浴やスポーツなど日常の活動が原因になることもあり、対策は一筋縄ではいかない。悲劇を避けるために、できること。

タイトル 著作者 出版元 刊行年月
不整脈診療Q&A : エキスパート33人からの回答 沖重薫 編 中外医学社 2009.9
不整脈の診療において現場で遭遇するさまざまな疑問点や盲点、また手技を行ううえでのポイントやコツについて、それぞれの第一人者が自ら培ったノウハウと経験をもとに解説した実践的な臨床書。臨床で遭遇する様々なテーマをQ&A形式で回答。テーマによっては複数の著者が回答することにより、それぞれの著者の主張、意図、考えをより明確に伝え、読者の理解の幅をより広げることができる不整脈診療に携わるスタッフ必携の書。

タイトル 著作者 出版元 刊行年月
よくわかる臨床心臓電気生理 (2版) 沖重薫 編著 中外医学社 2008.9
よくわかる臨床心臓電気生理 沖重薫 編著 中外医学社 2006.9
はじめて臨床心臓電気生理学を学ぶ読者のための入門書。臨床心臓電気生理学は、各種不整脈の確定診断はもとより、薬物治療の選択や効果判定に適用したり、カテーテルアブレーション治療の成否にかかわる重要な分野だが、とかく難解と敬遠されがちである。本書では入門コース、基礎コース、発展コース、応用コースと四段階のレベルごとにテーマをとりあげ、図表を駆使してわかりやすく解説し好評を得てきた。その後の進歩を踏まえ、いっそうわかりやすい記述を目指した改訂版。
(改訂版)

タイトル 著作者 出版元 刊行年月
新 高周波カテーテルアブレーションマニュアル 奥村謙, 沖重薫 著 南江堂 2004.4
高周波カテーテルアブレーションマニュアル : 手技の実際 奥村謙, 沖重薫 共著 南江堂 1998.9
本書では電極カテーテルの基本操作の記述から始まり、各種の上室性頻脈性不整脈と特殊な心室頻拍の攻略法が述べられ、とくにWPW症候群に関しては、約50頁にわたり詳細な解説がなされている。さらに、著者らは合併症発生時や不整脈再発時の対策も付記して、万全を期している。


Copyright(C) Shinzototsuzenshi.com, All Rights Reserved