突然死の話
あなたの心臓に潜む危機
(中公新書)
沖重 薫著
第1部



第2部













第3部
心臓の仕組みと突然死 / 心臓性突然死とは何か / なぜ心臓は意識しなくても自然に動くのか / 心電図検査の有用性 / 意外に身近な20の危機 / 心臓が自分の力で動けなくなる
なぜ“河童”と言われる子供が溺れるのか? / 危険な失神、大丈夫な失神 / たかが風邪、されど風邪 / 拡張型心筋症の恐怖 / マラソンや激しい運動時の突然死 / リエントリー現象という神秘 / “ぽっくり病”の実体、ブルガダ症候群 / 夜間の電話で突然死? / 運動選手の心臓が脂肪に侵されてしまう / 骨折の手術の危険性と“エコノミー症候群” / 運動最中の若者が突然死する理由 /野球プレー中の心臓振盪 / 過度のアルコールが心臓を蝕む / 下痢・嘔吐で突然死 / やせ薬で突然死? / 突然心臓が腐る!急性心筋梗塞 / 高齢化でますます増える心房細動 / 楽しい入浴に潜む危険性 / 突発性心臓性突然死の数々 / 最新予防法
AEDの限界 / 遺伝子診断の可能性 / 最新治療その1「カテーテル・アブレーション治療」 / 最新治療その2「ICD」 / 最新治療その3「両室ベーシング治療」
 本サイトは、中公新書から発刊されました「突然死の話ーあなたの心臓に潜む危機ー」に記載してある内容を抜粋し、イラストなどを加えて捕捉した内容となっております。書籍を読んでくださった方には捕捉情報として、また、読んでいない方にも「心臓性突然死」の概要についてご理解していただけると思います。書籍には、より身近な例などを挙げて詳しく執筆してありますので是非ご一読ください。
 また本サイトでは書籍では十分説明できなかった最新医療「カテーテルアブレーション」に関しての解説を加筆しております。
 「心臓性突然死」・「不整脈」に関する皆様の知識向上や健康予防に少しでもお役に立てれば幸いです。


沖重 薫プロフィール

1955(昭和30)年、福岡県生まれ。
1981年、東京医科大学医学部卒業後、東京女子医科大学麻酔科に入局。
東京医科歯科大学循環器内科勤務を経て、1989年から1992年まで米国ハーバード大学心臓内科部門客員研究員。
現在、横浜市立みなと赤十字病院心臓病センター長、東京医科歯科大学循環器内科臨床教授。

<専門> 臨床不整脈、心臓性突然死、特発性心筋症、カテーテル・アブレーション手術

<所属学会・認定・資格>循環器専門医、内科学会認定内科医、麻酔科標榜医、米国心臓病学会学士院会員(FACC)、国際不整脈学会学士院会員(FHRS)

<医師紹介> 不整脈の根治療法である「カテーテル・アブレーション」をこれまでに約5,000例を施行し、そのほか薬物療法に関しても積極的に取り組み、高い評価を得ている。
所属する横浜市立みなと赤十字病院循環器内科は「カテーテル・アブレーション」を日本で初めて成功させ、その後も他施設において不成功に終わった難渋例を多く手掛けてきた。その成績においては海外にも知られている。現在、国内では多くの心臓病専門病院と共同研究、海外ではStanford大学とも共同研究を行い、日常臨床のみならず研究活動にも精力的に取り組んでいる。

横浜市立みなと赤十字病院

〒231-8682 神奈川県横浜市中区新山下3丁目12番1号
TEL:045-628-6100(代表) FAX:045-628-6101

Copyright(C) Shinzototsuzenshi.com, All Rights Reserved